競馬は競走馬が走るレースを予想して馬券を買うものです。ギャンブル性が高い要因として、馬券を買う時の心情について

競馬用ソフトでギャンブル運を身につける!
競馬用ソフトでギャンブル運を身につける!

競馬は馬券を買う時の心情でギャンブル性が上がる

競馬は競争馬が競馬場のコースを走って、それをお客が勝ち馬を予想して馬券を買うものです。昔から競馬はギャンブル性が高いと言われています。実際に競馬で勝ち続けることは難しいからです。それは馬が動物だからです。いくら強い競争馬でも、当日のレースで不利や故障、馬の体調などが悪い場合負ける場合もよくあります。私も毎週競馬をやっていますが、ほとんど負けることの方が多いです。よく競馬は過去の競争のデータを分析して予想するのが良いと言われますが、普通の素人では、そこまでして予想するのは出来ません。競馬新聞などで各評論家が印を付けた馬を買うか、当日の予想オッズや天候などで判断して、自分で勝ち馬を予想して買います。

日本の競馬は、大きく分けて中央競馬と地方競馬の2つで成り立っています。昔は馬券も競馬場、場外馬券場でしか買えませんでした。現在はインターネットの普及で、全国どこでもネット環境があって、その競馬のネット会員になれば、中央競馬、地方競馬をいつでも買えます。競馬好きの方であれば、毎日どこかの競馬場の馬券が買えるのは嬉しいと思います。しかし、馬券を買うレースが増えるということは、それだけ投資する金額も多くなり、トータルでは負ける可能性が高いと思います。それを続けることで、人の心は今日の負けを取り戻したいと感じるようになり、投資する金額も大きくなり、終わってしまえば予想以上の負けになってしまったてことも多々あります。私もそうですが、競馬で馬券を買う時は、勝ちたいから買う訳ですのでその感情がギャンブルなのかなと思います。

皆 実はちゃんと知らない、一足先に押さえたい情報

Copyright (C)2018競馬用ソフトでギャンブル運を身につける!.All rights reserved.